2019年06月13日

幻の宝石、パパラチアサファイア

こんにちは、サンコーでございます。

 

引っ越したばかりでテレビのない生活をしているので知らなかったのですが、いつの間にか梅雨入りしていたのですね。

 

前回のブログで十大宝石についてお話しましたが、本日は前回文字数の都合でできなかった三大希少石についての話の続きをしたいと思います。

三大希少石

そもそも宝石というもの自体がありふれて産出するものではなく、貴重なものなのですが…

 

その中でも輪をかけて産出量の少ない、とってもレアな宝石があるのです。

 

3種あるので「三大希少石」と呼ぶわけなのですが、実はそのうちの2つはすでに当ブログで紹介しております。

 

そうです、アレキサンドライトパライバトルマリンです。

ご存知の方やその時の記事を覚えていらっしゃる方はかなりの宝石好きですね。

 

まだご存知でない方は、こちらから過去の記事をご覧ください。

 

アレキサンドライトについての記事を読む

パライバトルマリンについての記事を読む

 

さてさて本日やっとご紹介する三大希少石最後の一つはどんな宝石なのでしょうか…?

その名もパパラチアサファイア

こちらが三大希少石の一つ、パパラチアサファイアです。

 

以前他の記事でもお話しているかと思いますが、サファイアにはかなりのカラーバリエーションがあります。

 

その中でも強いピンキッシュオレンジの色相を示すものをパパラチアサファイアと呼びます。

パパラチアという名前の由来

パパラチアという不思議な名前はスリランカのシンハラ語で「蓮の花」「蓮の花のつぼみ」を意味します。

 

このピンクとオレンジの混ざった気品あふれる色合いを、蓮の花の色にたとえたのですね。

 

名前の由来がスリランカの言葉であることからわかるように、スリランカで産出されます。なんと唯一の産出地域です。

 

パパラチアサファイアの”色”

しかしながらこの美しいカラーを持つパパラチア。

 

天然のものが採掘されることは本当にまれで、市場に出回っているものはほとんどが加熱処理をされて色をつけてあるのが現状です。

 

それゆえに「幻の宝石」「サファイアの王」と呼ばれているのだとか。

先にスリランカでしか産出されないと書きましたが、拡散加熱処理を施したマダガスカル産のものも2001年ごろから出回っています。

お店でパパラチアを見つけられた際は販売員さんのお話をよく聞いたうえで購入してくださいね。

色石の買取ならサンコーへ

サンコーにはGIA鑑定士が常駐しており、色石を評価・鑑定できるのが強みです。

 

お客様のご来店を心よりお待ちしております。

最近の記事

会社概要

  • サンコー東京 日本橋店

    住所東京都中央区日本橋2丁目2-8 東京風月堂日本橋ビル6F
    TEL0120-352-113
    営業時間10:30〜19:00
    定休日年末年始
    交通

    地下鉄(東京メトロ銀座線、東西線、都営浅草線)
    日本橋駅B0出口 徒歩1分


    JR東京駅/八重洲北口 徒歩5分

    ※タカシマヤ日本橋店 斜め前、JTB日本橋店と同じビルです。

    東京都公安委員会 許可 第301041704838

  • サンコー大阪・心斎橋店

    住所大阪市中央区南船場4丁目12-8 関西心斎橋ビル
    TEL0120-388-385
    営業時間10:30〜19:00
    定休日年末年始
    交通地下鉄御堂筋線/心斎橋駅3番出口 徒歩2分

    ※ルイ・ヴィトン心斎橋店と同じ並び(長堀通り沿い)

    大阪府公安委員会 許可 第621110151162

  • サンコー名古屋店

    住所名古屋市千種区今池1-13-10
    TEL0120-663-051
    営業時間10:30〜19:00
    定休日年末年始
    交通地下鉄(東山線、桜通線)今池駅下車 9番出口 徒歩1分

    提携無料駐車場あります。

    愛知県公安委員会 許可 第541011202600

PAGE TOP