2019年05月05日

青く光る!?ダイヤモンド

こんにちは、サンコーでございます。

 

今日はダイヤモンドにある一つの特性について解説したいと思います。

 

お客様がダイヤモンドをご購入される際の指針の一つとなれば幸いでございます。

ダイヤモンドの4Cについて

まず前提として、カットされたダイヤモンドの品質は4Cでの評価が広く支持されています。

 

こちらは世界で最も権威ある宝石鑑定機関、

 

GIA(Gemological Institute America)が開発した基準です。

 

https://4cs.gia.edu/ja-jp/

4Cについてもう少し詳しく説明をしますと、カラット carat、カラー color、クラリティ clarity、カット cutの4つの頭文字であるCを取ったものです。

 

カラットは言うまでもなくダイヤの重量

 

カラーは無色透明であるほど評価が高く、

 

クラリティは透明度を示し、内面の包有物の有無を見ます。

 

カットバランスが優れていると、光をもらさず反射し、ダイヤモンドはより強く輝きます。

 

しかし鑑定書を見ると、この4Cの表記以外に蛍光性の項目がある場合がございます。

ダイヤモンドの蛍光について

出典:GIAの記事より

ダイヤモンドの査定の際、紫外線ライトをダイヤモンドに当てるとブルーに蛍光するお石があります。

 

この特性をダイヤモンドの「蛍光性」と呼びます。

 

意外と知られていないので、鑑定室にてライトを当てるやブルーに光るお石を見て驚かれるお客様がたくさんいらっしゃいます。

 

蛍光ブルーをご覧になると美しく感じますが、買取ですとこの蛍光が出るか出ないかがそのダイヤモンドの希少価値を決めると言われており、価格にかなり影響します..

 

蛍光性があるということは天然ダイヤモンドの証、ではあるのですが大きなお石になると、強い蛍光でなんと!3~4割ダウンしてしまいます。

 

ダイヤモンド蛍光評価

出典:GIAの記事より

NONE・・・蛍光なし

 

FAINT・・・弱い

 

MEDIUM BLUE・・・中程度

 

STRONG BLUE・・・鮮やか

 

VERY STRONG BLUE・・・非常に鮮やか

 

また、稀に白や黄色やグリーンに蛍光するお石も存在します。

 

0.3ct以上のダイヤモンドを購入する際は、是非この蛍光反応にも着目してご購入されることをお勧めいたします。

 

普段使いされる分には蛍光性があってもほとんどの場合、ダイヤモンドの見た目には影響しないのですが、まれに極端に強力な蛍光性を持つお石ですと濁って見えたり油っぽく見えてしまうものもあるようです。

サンコーにはGIA鑑定士が常駐

サンコー全店にはGIA鑑定士が常駐しております!

 

蛍光性があるかわからないダイヤモンドもこちらで確認することができますので、ぜひ一度お持ちください。

 

最近の記事

会社概要

  • サンコー東京 日本橋店

    住所東京都中央区日本橋2丁目2-8 東京風月堂日本橋ビル6F
    TEL0120-352-113
    営業時間10:30〜19:00
    定休日年末年始
    交通

    地下鉄(東京メトロ銀座線、東西線、都営浅草線)
    日本橋駅B0出口 徒歩1分


    JR東京駅/八重洲北口 徒歩5分

    ※タカシマヤ日本橋店 斜め前、JTB日本橋店と同じビルです。

    東京都公安委員会 許可 第301041704838

  • サンコー大阪・心斎橋店

    住所大阪市中央区南船場4丁目12-8 関西心斎橋ビル
    TEL0120-388-385
    営業時間10:30〜19:00
    定休日年末年始
    交通地下鉄御堂筋線/心斎橋駅3番出口 徒歩2分

    ※ルイ・ヴィトン心斎橋店と同じ並び(長堀通り沿い)

    大阪府公安委員会 許可 第621110151162

  • サンコー名古屋店

    住所名古屋市千種区今池1-13-10
    TEL0120-663-051
    営業時間10:30〜19:00
    定休日年末年始
    交通地下鉄(東山線、桜通線)今池駅下車 9番出口 徒歩1分

    提携無料駐車場あります。

    愛知県公安委員会 許可 第541011202600

PAGE TOP